【車の燃費を良くしたいなら】タイヤ交換を専門店に頼もう

車のメンテナンスをしよう

手順の一つです

乗り物

車を運転する方なら、タイヤ交換を経験した方も多いでしょう。ゴム製品であるタイヤは、道路を走ることによって摩耗し、紫外線などによっても劣化します。タイヤは車の走る、曲がる、止まるを担う重要な部品ですから、そのようになった場合は交換するしかなくなります。自動車販売店やカー用品店に行けば、タイヤ交換を依頼する事ができます。その際に、「組み換え」という説明を受ける事があります。タイヤの組み換えとはどのようなことを指すのでしょうか。タイヤやホイールと呼ばれる金属製の部品を介して車本体とつながっています。車から外す場合、実はホイールと一緒に外しているのです。タイヤの摩耗を平均化するために、ローテーションと呼ばれる作業をすることがあります。これはタイヤをホイールごと、ローテーション(例えば前についていたものを後ろに付け替える)することを言います。この場合は、組み換えという作業は発生しません。組み換えとは、ホイールからタイヤを外すことを言います。どのような時に必要な作業かというと、例えば摩耗タイヤを新しいものの交換する時です。古いものをホイールから外し、新しいものをホイールに取り付けること、これが組み換えです。ホイール付きの夏用のものからスタッドレスに交換、などという時にはホイールごと交換しますから、組み換え作業は発生しません。組み換えの工賃はお店によって様々ですし、そこで買った製品なのか、持ち込みのものなのかによっても異なりますが、通常は1本1000円程度のところが多いようです。交換する際には、その内訳について注目してみるのも良いでしょう。

車輪ローテーションの方法

キー

車の車輪ローテーションに関しての内容になりますが、一々その箇所のリム部分からタイヤ本体を外して、他のポジション部分へ装着をしていくというやり方は時間も掛かる上に、車種やタイヤ、リムの構造などによっては取り外しの際に高度かつ専門的な技術が必要になったりする事も考えられます。このため、店舗・事業者などからはリム単位毎での、タイヤ配置の組み換えによるローテーションをお勧めされますが、これが無難です。また、この場合にはリム部分毎のタイヤ全体規模での交換が出来ますので、組み換え作業の際にはセルフサービスで場所や設備を貸してくれたりするところもあります。スタッフの方が行うところよりも1回あたりの利用料金も安いので、大いに利用価値はあります。例えば軽自動車の場合、ローテーションによるタイヤ配置の組み換えの時期は、購入してから約3ヶ月と半年の間くらいでの目安がのぞましいと、一般的には言われています。しかし、その目安自体も車の車種やメーカー、使用環境毎にもよりますので、正確な基準の目安などはわかりません。ただ、最低でも半年に1回単位での組み換えによるローテーションは必要です。一方、普通乗用車などの場合には、軽自動車などよりも重量や馬力がある上に、走行距離などもはるかに上回ります。このため、3ヶ月に一度くらいの目安が良いかもしれません。このように、車体の大きさや規模、車種、使用状況などの違いにより組み換えによるローテーションの目安が異なりますので、店舗・事業者のスタッフの方に相談をしてみる事も大切です。

安すぎる所は注意する

積み木の車

タイヤは劣化や季節によって組み換えを行う事が多く、その場合には必ず組み換え費用が必要になってきます。これからタイヤ交換を検討されている方の中にはなるべく安い料金で組み換えを行いたいと考える方も多いでしょう。タイヤの組み換えを行なっている所ではディーラー、ガソリンスタンド、カーショップ、整備工場などがあり、それぞれに費用は異なってきます。しかし、注意する点では安い費用だからと言ってすぐに飛びつかない、という事です。業者によって在籍していると整備士の経験、知識、技術力は異なってくるので費用と同時に必ず評価も調べておきましょう。タイヤの組み換えを行う時の相場では、4本で1万円前後が一般的となっています。そこから組み換え前のタイヤが必要無い場合は別途で廃タイヤ処理料金が掛かります。タイヤを組み換える際は、必ずバランス調整を行う必要があり、多くの業者は組み換え料金に含まれていますが、中には別料金になる所もあるので確認しておきましょう。近年ではタイヤ本体の費用を安くする為に、インターネット通販を利用して購入される方も増えてきました。その際は持ち込みで依頼する必要がありますが、中には持ち込み不可や持ち込み料として高額な工賃になる業者もあります。そんな時はインターネット通販サイトと連携して組み換えサービスを実施している業者を選択されると良いでしょう。品質を確かめながらお得に購入でき、尚且つ信頼できる業者に依頼する事が可能です。