【車の燃費を良くしたいなら】タイヤ交換を専門店に頼もう

サイズ確認なども必要

仕組みをしっかり理解する

家族

タイヤの寿命をのばすことに繋がるのが、ローテーションと呼べる組み換え方法で、車を持ち上げる作業を伴うので、自動車整備工場などへ持ち込むのが初心者には適しています。通常、前輪と後輪を組み換えるだけの作業ですが、タイヤの減り方にムラがある時などは、左右を組み換えることで寿命がのびます。ジャッキや十字レンチなどが、組み換える際に必要な工具ですが、カーサービス業者側で用意されていますので、個人で作業する場合に、工具なしでも作業を進められます。組み換えた後、騒音やスリップに悩まされる場合、一概には言えないものの、内側と外側や転がる方向に決まりのある物もあるので、装着時に確認することでトラブルを回避できます。また、ナット類などのパーツは、紛失しないように1カ所にまとめ、はずす時もしめる時も対角に行い、ましじめ時の目安としてボルトの直径を確認しておくことなども、作業の効率化を図れるコツです。また、ドレスアップ目的として組み換えを検討する場合にも言えますが、タイヤのホイールサイズを理解し、その上で、合ったタイヤを選びます。太さを意味する総幅を知るだけでなく、扁平率からは断面形状が分かりますし、走りに繋がる速度記号なども理解しておきたいデータです。またドレスアップ用は、トレッドパターンまでこだわってスタイリッシュに作成されていたり、インチアップを前提にサイズが豊富であるなども、知っておきたい情報です。

交換は複数の作業から成る

タイヤ交換

カーメンテナンスにおきまして、タイヤ交換はポピュラーなメニューですが、厳密には脱着や組み換えなど、複数の作業工程から成り立っています。個々の内容ですが、先ず脱着は、ホイールごとタイヤを車体から外すことや、取り付けるメンテナンスです。そして組み換えは、ホイールにはめられているゴムの部分を外し、別のゴムタイヤにはめ直す作業を指します。これは人の手では行わず、タイヤチェンジャーという特別な専用機械を使って組み換えるのが一般的です。また、ホイールが車体に付いた状態では専用機械が使えませんので、組み換え作業では、最初にホイールを車体から取り外します。ゴムの部分を交換すれば組み換え作業は終了ですが、この状態ではタイヤのバランスが適切でないため、ホイール部分にウエイトをセットするバランスの調整作業も、欠かせないメンテナンスです。バランスが取れましたら、新しいゴムをはめ込んだホイールを車体に取り付けて、タイヤ交換は完了します。一方、各店では脱着作業や組み換え作業のみなど、単体メニューを用意している場合が多いので、必要なメンテナンスサービスだけを選んで依頼することも大抵可能です。例えば、別のホイール付きタイヤに履き換えるだけなら、組み換え作業は行いませんから、脱着を依頼すればOKとなります。ただしタイヤ交換という言葉は幅広く使われておりますので、脱着のみの場合でも、単にタイヤ交換と呼ばれるケースも少なくありません。

安全運転の為にも必要

ミニカー

自動車に乗っていると、タイヤに問題が起こることがあります。パンクしたり空気圧が足りなくなったりと、実に様々な問題が発生します。また、どの問題でも重大な事故につながる可能性があり、看過できるものではありません。そんな問題解決のために、タイヤの組み換え作業が必要になることがあります。実は、タイヤの組み替えのことはよく分からないという人が多くいます。車を安全に運転するためにも、タイヤの組み換えのことを理解しておきましょう。タイヤの組み換えでよくある誤解が、交換と同じと考えていることです。実際は別物であり、サービスの料金表にも別枠として記載されています。交換と組み換えで大きく違うのは、ホイールごと換えるかゴムの部分だけ換えるかです。この内のゴム部分の入れ替えが組み換えに当たります。タイヤ全部の交換と違い、組み換えには専門的な知識や技術を要します。そのため、丸ごと交換より料金が高く設定されていることがほとんどです。タイヤの組み換え後に重要になるのが、バランスの調整です。作業後は空気圧の微妙な差により、傾きを感じたり走行中に振動が発生したりします。そして安全のために、これらを解消することが必要になります。サービススタッフに頼めば、タイヤに重りを付けるなどで調整してくれます。そこで注意したいのが、組み換え作業とバランス調整は別料金になっていることです。コストを気にして安全性をないがしろにするわけにはいきません。タイヤの組み換えとバランス調整はワンセットとして考えましょう。